HOME > GP採択状況&活動報告

GP採択状況&活動報告

GPとは

 文部科学省は、各大学・短期大学・高等専門学校等が実施する教育改革の取組の中から、優れた取組を選び、支援するとともに、その取組について広く社会に情報提供を行うことにより、他の大学等が選ばれた取組を参考にしながら、教育改革に取り組むことを促進し、大学教育改革をすすめています。この「優れた取組」を「Good Practice」=「GP」と呼んでいます。
※GPの詳細は文部科学省ウェブサイトをご覧ください。

福岡国際大学のGPの取組について

 福岡国際大学では、平成21年度大学教育・学生支援推進事業【テーマB】(学生支援推進プログラム)『在学生および卒業生の就職不安と悩みをサポートする就職支援』、平成22年度大学生の就業力育成支援事業『電脳パワーとマンパワーによる就業力アップ ~「就業力」ポートフォリオと企業センスの活用~』、平成24年度産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業『地域力を生む自律的職業人育成プロジェクト』が選定されました。詳細は下記よりご覧ください。


平成24年度採択プログラム
平成24年度 「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」

 FIU福岡国際大学は平成24年度の文部科学省「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」に採択されました。同じく同事業に採択された山口・九州23大学・短大グループの統一テーマ「地域力を生む自律的職業人育成プロジェクト」のサブグループの一員(インターンシップグループ)としてインターンシップの高度化計画の一翼を担っています。
 今回の取組では、前回取組の主眼であった就業力育成支援プログラムをレベルアップし、FIUのめざす実務力ゆたかな人材を育てるキャリア形成を本格化させています。さらに、インターンシップ教育の充実化も積極的に推進しています。

 平成24年度『産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業』FIU取組概要はこちら(PDF, 2.9MB)をご覧ください。

 平成24年度『産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業』「地域力を生む自律的職業人育成プロジェクト」九州・沖縄・山口地域大学グループの取組概要はこちらです。


平成25年度 「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」活動報告

 九州・沖縄・山口の全23校が活動する今回の「産業界ニーズGP」では、各校が「インターンシップグループ」、「授業改善グループ」「学修評価グループ」の3つのグループの中で活動しました。本学は「インターンシップグループ」(全9校)に属し、全体活動としては企業も参加した「インターンシッププログラム作成のための産学連携学習会」や、「インターンシップの高度化」をテーマにモデル校によるインターンシップ試行プログラムの検証をおこないました。  本学の個別活動では、キャリアガイダンスで中小企業経営者を講師に招いた「社長と語ろう」(計4回)という双方向型の授業や、受入先企業を招いて本学教員および職員と合わせた3者による評価・講評をおこなったインターンシップ学生報告会を開催しました。そのほか、トヨタ自動車九州(株)宮田工場への視察、労基署や経済調査団体からのレクチャー授業を実施しました。  もちろん、学生にインターンシップ理解を深めてもらうため、インターンシップの授業を含め、様々なキャリア科目やキャリア支援課において「広報活動」を実践しました。その結果、今年度は40名のインターンシップ参加者を見ることができました(H22年度は6名、H23年度は19名、H24年度は5名でした)。

 本学の平成25年度の取組概要はこちらこちら(PDF, 9.6MB)をご覧ください。


平成22年度採択プログラム
大学生の就業力育成支援事業


電脳パワーと マンパワーによる 就業力アップ

電脳パワーとマンパワーによる就業力アップ
~「就業力」ポートフォリオと企業センスの活用~

 就業に対する意欲・関心を高め、学生生活の基底においてこれを動機づけ、支える「人間力」と「就業力」の育成を主眼とする全学的な教育改革をめざしています。そのための取組として、次の四つを大きな柱に立てました。

(1)「就業力」育成ポートフォリオの構築(3つの目標)
  ① 学生の自己内省力を高める。
  ② 情報収集能力・情報伝達能力を向上させる。
  ③ 学生-教職員間の信頼関係を強固にする。
 具体的には、学生が作成する年次・月次計画、レポート、エントリーシートなどの文章や、卒論・ゼミ論・就活報告・面接指導などの経過報告とこれに対する教員・職員の評価や助言をウェブ上に集積(電子カルテ化ポートフォリオ)し、データベース化します。これにより、大学4年間の学生-ゼミ教員とのコミュニケーション・信頼関係を持続します。
(2)「企業センス」の導入
 民間企業経験者をスタッフとして招聘し、職業体験(インターンシップ)を含めた種々の就業力育成のテーマについて、民間での就業経験と就業意識を伝授・指導してもらうことで、卒業後、実社会で働く社会人としての能力・資質=「就業力」を醸成します。
(3)実学志向教育の拡充
 国際大学である本学は、英中韓の3言語を主柱とした語学教育、国際コミュニケーション教育と実学志向教育に努力してきました。さらに今回、「社会的人間力」の育成をめざす、「現代キャリア基礎」や「教養力養成講座」などの授業科目を新設しました。
(4)コミュニケーションスキルの向上
 「社会的・職業的自立につながる就業力」育成の観点から、現行の授業をさらに実践的な内容(対人コミュニケーションおよび自己表現力・分析力等の修得)に変更しました。


平成21年度採択プログラム
大学教育・学生支援推進事業 【テーマB】(学生支援推進プログラム)


FIU学生支援推進プログラム

在学生および卒業生の就職不安と悩みをサポートする就職支援

 深刻化する就職困難な状況は、ニート・フリーターの増大や就職できても早期に離職してしまうなど大きな社会問題を生んでいます。こうした状況を改善するため、就職支援システム(FIUネット)を構築して、在学生と卒業生をサポートします。
 本取組は、在学生・卒業生・教員相互の交流を活発化させるコミュニティサイト、キャリアカウンセリング、卒業生等によるキャリアセミナー、資格取得等の就職支援教材の開発と提供、情報通信技術等を用いた教員の就職指導などを含む総合的なプロジェクトです。システムの活用によって、在学生は「希望の就職の現実」を認識しつつ「就職の不安」の解消を目指し、また卒業生は社会的スキルアップ等により「仕事の悩み」を解消できるようになると考えています。
 さらに、在学生および第二新卒者は就職に対する意識と実践力を向上することができ、教員は就職指導の意識と能力を高め、講義にフィードバックして、大学全体の教育力を高められると期待されます。

▲ ページの先頭へ